引越しトラック 大きさ

引越しトラックの大きさ

引越し トラック 大きさ

 

引越しの時にトラックは欠かせません。
トラックにはいろいろな大きさがありますが、大きいと経費がかかり小さいと荷物がすべて乗らないなど問題があります。

 

丁度いい大きさのトラックが一番コストパフォマンスがいいのです。
ただ、物件に面する道路の幅が狭い時はそのトラックが使えない場合も。

 

トラックの大きさと前面道路の幅の関係は次の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本は国土そのものも大きくありませんし、山が多い国ですから平地が少ないです。
必然的に細い道路が多くなります。

 

物件に面する道路が狭い場合は、トラックの大きさにも注意してくださいね。

トップページ > 引越しが近場なら、こんな引越し方法がおすすめ